海外で活躍する税理士になるには

税理士になりたいと考える年齢というのは人それぞれだと思います。大学生のときだったり、結婚を機にという人もいます。社会的に認められた存在という点で、税理士を選ぶ人もいます。難関資格という点では弁護士や司法書士、公認会計士という道もあります。公認会計士の合格者は毎年1000人強です。そのうち、学生が4割で、7割以上が20代です。税理士も公認会計士と同じ1000人弱の合格者を毎年出していますが、20代での合格者は2割強です。学生の合格者がほとんどいません。学生合格は希少価値といえます。また、海外で働きたいと考える人は、海外赴任の機会がある事務所に入ったりします。とはいえ、やはり英語力は完璧であることや、社会情勢が関わってきます。そうそう赴任するチャンスがあるわけではありません。また、一般的に税法というのは、各国固有のものです。会計基準が通用しやすい公認会計士のほうが海外赴任の話が多くくるようです。税理士には機会が少ないともいえます。そういう中で、自分でなんとかするしかないと思います。けれど欧米は就労ビザの取得が難しいということで、希望する仕事がなかなか見つからないと言われています。そうなると、英語が通じるアジアの国ということになります。税務専門家として仕事がありそうな国として、香港、シンガポールになるかと思います。あとはどちらに住みたいかというところですが、行く国が決まったら、現地で就職活動をします。例えばシンガポールは、会計・税務の専門家が不足しているといいます。こういう国だと仕事もきまりそうです。仕事が決まったら、あとはクライアントのニーズに合わせる形で自分の仕事を磨いていくことです。