税理士のキャリアと失敗とは

税理士の失敗というと、やはりデータ管理に関わることでしょうか。今では、経理はPCで管理するのが当たり前という会社が殆どですが、そのデータを保存しそこねるというのは、大変多いようです。税理士の失敗もこのデータを保存せずに消去するというのがあります。膨大な作業を一から作業をやり直すということにもなりかねません。データの保存はマメに行うようにしましょう。税理士の必需品というか、業務の進行状況を把握したり、適宜、連絡を取り合うということで、スマホなどが必須になります。会社から支給されるところもあるようです。税理士を目指す動機として、親の職業が税理士という人も多くいます。そういった人は、親が税理士として働く姿が参考になったり、憧れになったりするようです。例えば、顧問先からの相談事に、熱心に取り組んで、感謝される姿に憧れを持つということもあります。また、税理士になりたい人の中には、大学の経済学部に進んで、大学在学中は、専門学校に通うというダブルスクールをする人もいます。専門学校の生徒というのは、年齢もバッググランドも違います。そういった中で、同じ目標に向かって必死で勉強するからこそ分かりあえることも多いといいます。ここで得た友人というのは、税理士になったあとも繋がりが続く場合も多いようです。親の影響で税理士になる人の多くは、親の税理士事務所を継ぐことも多いですが、中には、大手の税理士法人に勤務する人もいます。専門で勉強するうちに「4大税理士法人」の存在を知って、日本経済の中心で大手企業の税務に携わっていきたいと考えるようです。また大手の中でも女性の比率が高い事務所というのは魅力だったりするようです。