地元密着の税理士の働き方とは

中小企業を良くするも悪くするも税理士次第。税の専門家である税理士は、中小企業の経営全般を支援していくことが重要な役割です。顧客の懐に入っていくというのが、税理士の役目でもあります。うわべだけの付き合いではなく、家族同然の付き合いをするところもあります。顧客にとっての最適な提案という仕事ができるのは、税理士だからこそといえます。本当に感謝される税理士になること。これが中小企業を強くし、日本全体を強くすることになるはずです。税理士事務所の責任者ともなると、今度は業務の管理をすることが重要になってきます。顧客の依頼に応じて、職員に指示をして資料をつくってもらい、出来上がってくる資料の最終確認をします。個人の資産を計算する仕事もあります。そういった仕事の場合は、お客様の自宅などの土地や家屋を評価して、数値化した内容をチェックします。顧客の要望を聞いて、税金の計算のルールを説明することもあります。また、税理士は年金や健康保険に強い社会保険労務士や、企業の保険などの見直しをするコンサルタントと一緒に仕事をすることがあります。他業種の人たちと一緒に、それぞれの仕事の進捗をあわせていきます。顧客にとって、ベストな提案をsするために力を合わせていきます。税理士事務所の代表は、やはり最終的に責任を持たなければなりません。問題があればまっさきに駆けつけます。まさに部活の顧問や監督のようなイメージです。地方の産業を支えるという役目もある税理士。事務所の責任者ならば、その責任は重くなるものです。一方で、部活のマネージャーのように雑用をしたり、掃除をすることもあります。部活の顧問であり、マネージャーのような役割です。