社会に信頼される税理士の責任

税理士じゃなくても、財務の話はできます。コンサルタントはその分野でたくさんいます。そんな中でも税理士というのは、社会的な信用がある専門家です。銀行は税理士が作った決算書を持ってきてといいます。正しく計算された決算書を前提に銀行は融資の判断をします。担当する税理士が正しい決算書を作成して、日常的な財務の姿を示すというのが必要とされてます。これは税理士がコンサルタント以上の信頼感があるからこそ。もちろん税理士はコンサルタントとしての顔もあります。顧客にとって税理士の仕事は申告書を作って、節税のアドバイスをしてくれるというもの。それが当たり前になって、あえて税理士に感謝というのはないかもしれません。また、損をしないように節税をしてくれているかというのも顧客が一番気になるところです。こういうことができて当たり前ということは、価格の方も低価格になりがちです。そうして税理士間の低価格競争というものが勃発してしまうのです。また、この当たり前の業務だけでも十分大変なことなので、ここからコンサルタント的な仕事をしたいという税理士は、そんなに多くはないと思います。一方で、税理士も個性がないと、仕事につながらないとも言われています。自分が顧客の役に本当に立っているかと疑問に持つ人もいます。経営者も会計を大切にするべきという意見があります。正しい損益を把握することは、経営状態を向上させるためにも必要です。もちろん単に出てきた数字を見ただけでは正しい損益を把握するのは難しいと思います。出てきた数字がどういう前提で作られたかというところまで見ることが必要です。突き詰めて考えるためにも、税理士との連携が必要なのです。